☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

  1. ホーム > 
  2. その他 > 
  3. 男性更年期(LOH症候群)
男性更年期(LOH症候群)

最近、男性の更年期障害が注目されています。女性の更年期は閉経前後の数年間であるのに対し、男性の場合は30代後半から70代と幅があります。男性ホルモンの低下が原因と考えられている男性更年期(LHO症候群)は正確な診断、治療が必要です。診断、検査、治療をご希望の方はご相談ください。

現在製剤が不足しておりますのでご案内出来ません。6月以降の受付になります。

男性更年期(LOH症候群)について

男性更年期(LOH症候群)はLate-Onset Hypogonadismの略で、その症状は男性ホルモンの低下により起こると考えられています。身体の症状としては、倦怠感、筋力低下、疲れやすい、発汗などで、精神症状ではイライラや憂鬱になるなどの症状があります。また、男性ホルモン(テストステロン)の低下によりED(勃起不全)や性欲の減退などの症状もあります。

重度のストレスや環境の変化などで男性ホルモン(テストステロン)が低下がLOH症候群の原因とも考えられています。

男性更年期(LOH症候群)の症状は…

【1】精神的な症状:イライラ、うつ、不安、神経質になる、集中力の低下
【2】身体的な症状:倦怠感、関節痛、発汗、ほてり、肩こり、頻尿
【3】性機能の衰え:性機能低下、起床時の勃起消失、ED(勃起不全)

男性更年期(LOH症候群)の原因は…

男性更年期(LOH症候群)は、男性ホルモン(テストステロン)が急激に減少することによって起こります。男性ホルモン(テストステロン)は20代をピークに徐々に低下していき、加齢と共に症状が現れると考えられています。ただし、男性ホルモンの量が少なくても症状がない男性も数多くおられます。

男性ホルモン(テストステロン)の値

下記のグラフは日本人男性の男性ホルモン(テストステロン)の値を年代ごとに示したグラフです。20歳代をピークに年齢を重ねるに従い、男性ホルモン(テストステロン)の分泌は衰えていくのがわかります。

  20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代 70歳代
平均値 16.8
(pg/ml)
14.3
(pg/ml)
13.7
(pg/ml)
12.0
(pg/ml)
10.3
(pg/ml)
8.5
(pg/ml)

日本人男性におけるフリーテストステロン値の年齢分布
出典:岩本晃明ほか:日泌会誌 95 : 751, 2004

フリーテストステロン値の基準

フリーテストステロン値 フリーテストステロン値
11.8pg/ml 以上 正常
11.8pg/ml ~8.5pg/ml 要注意
8.5pg/ml 以下 治療が必要

男性ホルモン(テストステロン)の分泌は、第二時成長期を迎えると急激に上昇します。筋肉の成長や骨の成長を促し、男らしい体格へ変化を促します。また、テストステロン精神面(メンタル面)に於いても影響を与えることが確認されています。加齢に伴い男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が減少すると男性更年期の症状が現れやすくなります。当院では、男性ホルモン注射や男性ホルモン値(血液検査)測定を行っています。気になる方はお気軽にご相談ください。

グローミン(男性ホルモン軟膏)

グローミンは塗布するタイプのホルモン補充材で、男性更年期障害治療に効果があると報告されています。使用法は、朝晩1日2回、陰嚢または腹部に塗布します。症状が改善するようなら、早朝一回だけ塗布いたします。
● 加齢にともなう男性ホルモンの分泌減を経皮吸収で補います。
● 低用量なので、長期投与での安全性が期待できます。
● 通院の必要が無いので時間のない方におすすめです。

使用方法

朝晩1日2回 陰嚢または腹部に塗ります。

男性更年期(LOH症候群)セルフチェック!

チェック項目は全部で17項目あり、それぞれ『ない』『軽い』『中程度』『重い』『非常に重い』の5段階で回答します。当てはまる答えをチェックしてください。

No. 質問 なし 軽い 中程度 重い 非常に
重い
1. 総合的に調子が思わしくない
(健康状態・本人の感じ方)
2. 筋肉や関節の痛み
(腰痛・関節痛・手足の痛み・背中の痛み)
3. ひどい発汗
(思いがけず突然汗が出る。緊張や運動と関係なくほてる)
4. 睡眠の悩み
(寝つきが悪い、ぐっすり眠れない、寝起きが早く疲れがとれない)
5. よく眠くなる、しばしば疲れを感じる
6. イライラする
(当り散らす、些細なことにすぐ腹を立てる、不機嫌になる)
7. 神経質になった
(緊張しやすい、精神的に落ち着かない、じっとしていられない)
8. 不安感(パニック状態になる)
9. 身体の疲労や行動力の減退
(全般的な行動力の低下、活動の減少、余暇活動に興味がない、達成感がない、自分をせかさないと何もしない)
10. 筋力の低下
11. 憂鬱な気分
(落ち込み、悲しみ、涙もろい、意欲がわかない、気分のむら、無用感)
12. 絶頂期は過ぎたと感じる
13. 力尽きた、どん底にいると感じる
14. ひげの伸びが遅くなった
15. 性的能力の衰え
16. 早期勃起(朝立ち)の回数の減少
17. 性欲の低下
(セックスが楽しくない、性交の欲求が起こらない)
  • リセットする
  • 診断する

どの程度のLOH症候群として判断できるか、点数の合計により確認します。

17点〜26点=なし
27点〜36点=軽度
37点〜49点=中程度
50点以上=重度

合計点

治療費

診療内容 備考 治療費
男性ホルモン注射 週1回または2週間に1回 2,000円(1本)
3,000円(2本)
総合ホルモン検査   30,000円
男性ホルモン値 血液検査   10,500円
グローミン(1本) 朝晩1日2回塗布 4,500円(税込)
神奈川エリア初!ED治療に大革命!もうED治療薬は必要ない!?EDを根本から治療するマシン『ED1000』が新登場!

院長紹介

診察、治療・手術はもちろん、アフターケアまで全て私が担当いたします。

院長 南部 正樹
医学博士 日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医 中央クリニック技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

川崎駅近く美容外科形成外科 川崎中央クリニック

川崎駅から徒歩1分

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5
クリエ川崎 5階
1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

川崎中央美容外科形成外科 0120-223-929

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

▲ このページのTOPに戻る