☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

  1. ホーム > 
  2. 陰茎手術
陰茎手術

陰茎増大は、ヒアルロン酸(高分子ヒアルロン酸)や自分の脂肪を注射注入することで平常時、勃起時を問わず陰茎が太くなりますので見た目がたくましくなり、性行為のパワーアップになります。
自分の脂肪を注入する場合は、太ももや下腹部の脂肪を吸引しペニスに注射器で注入することによりペニスまわりをサイズアップさせます。
また、勃起時に均等になるように脂肪を注入すると添え木のような効果で陰茎が収縮するのを抑える効果がありますので見た目の長さがでます。太さだけでなく長さを求める方におすすめです。

施術後の注意事項:
※1週間の禁酒(抗生物質が効きにくくなるから)
※2日間の禁煙(血流を悪くするため)

このような方に向いています。
・ペニスが細くて悩んでいる。
・太くてたくましいペニスにしたい。
・半永久的な効果を望んでいる。
高濃度ヒアルロン酸「ビアシー」

日本初上陸! 長期持続型ヒアルロン酸「ビアシー」

Viearchee5mlは男性(女性)用泌尿器科系のヒアルロン酸フィラーとして数年前から韓国内の泌尿器科で使用されている非常に安全性と信頼性の高い製品です。

スーパーヒアルロン酸よりも分子が大きいため持続期間が長いのが特徴です。

持続期間は2~3年程で、最初の施術後1ヶ月以内にもう一回注入することで、3~5年持続すると言われています。

主な効果と特徴

高い安全性と信頼性
2~5年の高い持続性。
注入後1ヶ月以内に再度注入することで持続期間が3~5年に。

【費用】:通常〔10cc〕360,000円(税別)
     再注入(2.5cc)80,000円(税別)

デザインと注入量について

ビアシーに関するQ&A

ビアシーは吸収されますか?
ビアシーは吸収性される物質ですが、ビアシーは分子の粒が大きいので通常のヒアルロン酸より陰茎増大の持続期間は長いです。
スーパーヒアルロン酸より長持ちしますか?
ビアシーは吸収されにくいスーパーヒアルロン酸より更に分子が大きい為より陰茎増大効果が長持ちします。
ビアシーは体に害はないですか?
元々人間本来が持っている成分での安全な注入物になります。
また原材料は化粧品会社で有名な資生堂さんの物です。
少し吸収されたら追加する事は出来ますか?
ビアシーはその都度追加で注入する事は出来ます。
一度陰茎増大をして1ヶ月以内に追加注入すると更に長持ちします。
お気軽にお声かけください。
同時に行える治療はありますか?
亀頭増大・亀頭強化の治療を同時に行う事が可能です。
他に聞きたいことがあるのですが。。。
電話0120-223-929または無料相談メールにてお気軽にお問い合わせください。

お支払い方法

1.現金
現金でのお支払いの場合は一括のお支払いのみとなります。

2.クレジットカード
VISA、MASTER、JCB、AMEX、DINERSなど各種クレジットカードがご利用いただけます。
クレジットカードのご利用は10,000円以上となります。

3.頭金0円から 最長84回までの安心「医療ローン」
医療ローンは月々均等払いからボーナス併用払いも可能です。
月々のお支払い予算に合わせて無理なくご利用できますのでお気軽にご相談下さい。
もちろん秘密厳守ですので、ご家族の方にも気付かれないようにお使いになれます。
学生・専業主婦・年金受給者の方でも医療ローンはご利用なれます。(18歳以上高校生不可)

■医療ローンについての詳細
医療ローンは、アプラス、フレックス、ジャックス、セントラルファイナンスなどの信販会社と患者様のご契約になります。契約の際に、お申込手続き(審査)が必要となります。

<お申し込みに必要なもの>
1.身分証明書

◇下記のいずれか1点
 ・運転免許証
 ・パスポート
 ・健康保険証
※現住所と一致しているかご確認ください。
※学生の方は学生証もお持ちください。
2.銀行通帳(郵便口座可)
月々のお支払いを引き落としさせていただく口座番号を確認させていただきます。
3.銀行届出印鑑

院長紹介

診察、治療・手術はもちろん、アフターケアまで全て私が担当いたします。

院長 南部 正樹
医学博士 日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医 中央クリニック技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

川崎駅近く美容外科形成外科 川崎中央クリニック

川崎駅から徒歩1分

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5
クリエ川崎 5階
1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

川崎中央美容外科形成外科 0120-223-929

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

▲ このページのTOPに戻る